相手企業に興味を持ってもらう事が肝心です

最初のコンタクトは書類で始まる

 転職を希望した場合は、事前に様々なことを準備することによって、企業と接触するのがポイントです。まずは入れる所等の書類を作成して、企業とコンタクトを取りますが、その履歴書で「会って話してみたい」と思わせることが大切です。相手企業に、興味を持ってもらう書類作成が大切と言えるでしょう。また履歴書の他にも職務経歴書等も一緒に提出するのが普通でので、ここでもアピールできる書類にするように気をつけましょう。

 

履歴書はわかりやすく書く

 こういった書類作成で大切なのは、誰が読んでもわかりやすく書くことが大切です。また記載する場合は、ボールペンの色などにも注意するようにしましょう。普通は黒が基本ですが、青でも問題ないでしょう。また万年筆などを用意して丁寧に記載することも、相手企業にとっては良い印象になることがあるようです。ちなみに学歴は小学校や中学校は省いても良いでしょう。また履歴書に、嘘を書いて自分を大きく見せるようなことなどは絶対にしないようにしてください。

 

自分を正直に書き写す

 自分ができる仕事とは何かを、正直に書くことが転職成功へつながる、道になるのではないでしょうか。ここは面接の前の段階の話なので、最初の試練と言って良いでしょう。ここをクリアすれば、面接で自分をアピールして、転職を勝ちとるようにしましょう。