自分のスキルをしっかりと見定める「客観的転職活動」

転職活動で一番の問題となるのは「志望動機」です。殆どの方が前職に飽きたり、もめ事を起こしたりで退職する人が多いと思います。また、そのような退職をされている方は「なんとなく」で転職を決めている人が多いと思います。勿論自分に信念があり、やりたいことがあるのなら転職活動にはあまり困らないと思います。この記事では「何がやりたいか分からない」「自分には何ができるのか?」と思っている人に向けてご紹介します。

 

「何がやりたいかわからない」

退職するときに自分のやりたいことのために頑張るという人は該当しませんね。今の世の中、職を選ばなければ大抵無職はあり得ません。しかし、その中から給料や勤務体系などを考慮し職を決めていると思います。ただ、間違ってはいけないのは私たちがどれだけいい条件を望んでも”会社側があなたを必要とするか”が重要になってきます。もし逆の立場であなたが経営する側に立った時に向こうから飛び込んでくる人がスキルが低い人材だと採用するでしょうか?なのであまり高望みをするといつまでたっても転職すらできません。

 

「自分には何ができるのか?」

簡単なようで一番難しいところです。自分にスキルがない場合はどうしても自信につながるのでここで資格などを持っていればその資格を生かせる職に就くことができます。しかし、資格もスキルもないという方はここではどのように考えればよいのか…。

 

自分には何ができるのかを最優先で考えるべきです。

 

よく転職サイトでの転職のコツと題して「自分が何”を”やりたいのかを見定める」と言ったニュアンスをよく見かけると思います。しかし、自分の将来像が見えて転職をする人はそもそもこんなことは考えません。最初からやりたいことが決まっているのですから。なので自分がやりたいことは『出来ることをやっているうちに見つけていく』物だと思います。

 

転職に関しては夢に向かって行動している人はそれなりの蓄えもありますから、転職活動は何ら苦労はしません。しかし、流れで転職することとなってしまった人はまず生きるために働かなければいけません。生活に必要なライフラインを確立してからゆっくりと「自分が何をしたいのか?」を見つけていくのが良い転職への近道です。

 

 

注目サイト
50歳の転職は実力次第
50歳から転職するなら管理職を目指す